トピックス

———————————————————————————————————–
(2021/10/11)
第8期決算公告 を掲載しました。
———————————————————————————————————–
(2021/10/1)
2019年~2020年度助成研究発表会 延期のお知らせ
新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、東京大学・弥生講堂にて隔年開催しております
助成研究発表会の本年秋の開催を延期することとしました。
開催が決まりましたら、改めてご案内いたします。
———————————————————————————————————–
(2021/6/21)
2021年6月21日開催の第22回理事会において以下の通り承認されました。

<2021年度奨学生選考結果>
①大学・大学院生 16大学 39名
②高校生                 4校      8名
以上計47名が採用となりました。

<2021年~2022年度助成研究選考結果>
①「未利用バイオマスからの新奇植物成長促進剤の開発」 松下 泰幸
②「環境調和型プロセスによる木質由来ナノファイバーの界面特性制御法の開発」 横田 慎吾
③「水撃含浸法による木材への液体浸透促進のための機構解明および技術開発」 田中 聡一

———————————————————————————————————–
(2020/10/12)
第7期決算公告 を掲載しました。
———————————————————————————————————–
(2020/7/15)
2020年7月15日開催の第19回理事会において以下の通り承認されました。

<2020年度奨学生選考結果>
①大学・大学院生 16大学 38名
②高校生                 5校       9名
以上計47名が採用となりました。

———————————————————————————————————–

(2020/4/30)
杉山淳司評議員 紫綬褒章を受章
2020年春の褒章において、当財団評議員である杉山淳司教授(京都大学生存圏研究所)が、
木質科学研究分野での優れたご功績により、紫綬褒章を受章されました。

この度の紫綬褒章受賞を心よりお喜び申し上げます。
———————————————————————————————————–
(2019/11/26)
第6期決算公告 を掲載しました。
———————————————————————————————————–
(2019/11/6)
助成研究発表会
平成29~30年度助成研究発表会を以下の通り開催しました。
日時:2019年10月29日(火)
場所:東京大学弥生講堂一条ホール
発表テーマと発表者:
①「UVレーザーブラストによる木材塗装の高耐久化の試み」
野村 昌樹(あいち産業科学技術総合センター)
②「木製土木構造物の簡易劣化診断手法の開発及び凍結融解作用による強度性能評価」
野田 龍(秋田大学大学院 理工学研究科)

特別講演:「SDGs達成に貢献する木質バイオリファイナリー~展望と課題~」
福島 和彦(名古屋大学大学院/日本木材学会 前会長)

photo_nomura-masaki-sensei photo_noda-ryu-sensei
photo_fukushima-kazuhiko-sensei photo_kaijyounai

———————————————————————————————————–
(2019/6/27)
2019年6月26日開催の第15回理事会において以下の通り承認されました。

<2019年度奨学生選考結果>
①大学・大学院生 18大学 39名
②高校生                 6校     10名
以上計49名が採用となりました。

<2019年~2020年度助成研究選考結果>
①「国産早生樹『コウヨウザン』に含まれる抽出成分の化学特性と抗シロアリ活性の解明」 橋田 光
②「含浸型WPC処理を用いた高耐力木質接合部の開発」 小川 敬多

———————————————————————————————————–
(2018/11)
第5期決算公告 を掲載しました。
———————————————————————————————————–
2018年6月20日開催の第12回理事会において以下の通り承認されました。
<平成30年度奨学生選考結果>
①大学・大学院生 18大学 36名
②高校生       3校     6名
以上計42名が採用となりました。
———————————————————————————————————–
助成研究発表会
平成27~28年度助成研究発表会を以下の通り開催しました。
日時:2017年10月24日(火)
場所:東京大学弥生講堂一条ホール
発表テーマと発表者:
①「木材の横圧縮による高ダンピング特性発現機構の解明とその応用」
小幡谷 英一(筑波大学)
②「難燃処理木材に含まれる薬剤の可視化技術の開発および白華現象発生メカニズムの検討」
田中 孝(静岡大学)
③「スギ精油の健康増進効果を切り口とした新規機能性の探索」
光永 徹(岐阜大学)

小幡谷英一先生
光永徹先生

————————————————————————————————————–
2016年3月28日、一般財団法人江間忠・木材振興財団は公益財団として認定され、
公益財団法人江間忠・木材振興財団となりました。